Vuzix M400 および M4000スマートグラスがEMC安全基準を満たす医療用電気機器として IEC 60601-1-2:2014 認定を受けました。

アメリカを本拠地に、企業やコンシューマー向けのスマートグラスおよびAR(拡張現実)技術を提供するVuzix Corporation (ビュージックス・コーポレーション)(東京支店所在地:東京都港区、東京支店長:藤井 慶一郎)は、Vuzix M400 および M4000スマートグラスがEMC安全基準を満たす医療用電気機器として IEC 60601-1-2:2014 認定を受けましたことを発表いたします。

この認証は、電磁妨害が存在する場合の医療機器およびシステムの基本的な安全性および本質的な性能、およびそのような機器とシステムによって放出される電磁妨害に適用されます。

専門の医療施設、在宅医療、その他の特殊な環境での使用に関連しています。

下記は弊社社長兼最高経営責任者であるPaul Traversによるコメントになります。

COVID-19 の発生以来、Vuzixスマートグラスは、医療機器メーカーとその手術室における技術者をサポートするため、手術中に医師は手術のトレーニングと指導を行い、医療専門家はバーチャルラウンドや創傷診断などの患者のサポートとケアを提供します。

Vuzix M400およびM4000スマートグラスがIEC 60601-1-2:2014認証を取得することは、お客様が安全性とコンプライアンス要件に対応するための重要なステップであり、ヘルスケアビジネスを加速するのに役立ちます。

Vuzix Corporationについて

VUZIXはコンシューマー、コマーシャルおよびエンターテインメント市場における、ビデオアイウェアとスマートグラス製品の大手サプライヤーです。

同社の製品はポータブルで高品質な視覚体験をユーザーに提供するパーソナルディスプレイ機器や仮想現実や拡張現実用のソリューションを提供ウェアラブルコンピューティング機器があります。

VUZIXは、ビデオアイウェアの分野で192件の特許ならびに特許申請中と多くの知的財産を所持しています。

同社は、コンシューマー・エレクトロニクス・ショーの「Innovation Award」を2005年から2020年までさまざまなワイヤレステクノロジ関連のアワードを受賞しています。

1997年創立のVUZIXは、米国NASDAQ市場に上場する企業(Nasdaq: VUZI)であり、ロチェスター(ニューヨーク州)、オックスフォード(英国)および東京(日本)に拠点を置いています。

製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。