独自の省電力マルチホップ無線「UNISONet」を活用し、IoT PoCの迅速なスタートと本番環境へのスムーズな移行を実現

IoT(Internet of Things)向け省電力マルチホップ無線「UNISONet(ユニゾネット)」を展開するソナス株式会社(東京都文京区/代表取締役:大原壮太郎)は、「UNISONet」を活用したPoC(Proof of Concept=概念実証)を迅速に始められる「Dash PoCサービス」の提供を新たに開始いたしました。これによりインフラ・工場等におけるデータの可視化、設備・機械の制御といった新たなIoTの取り組みを検討している企業を強力にサポートします。
本サービスの詳細は4月10日(水)から12日(金)まで東京ビッグサイトで開催されるIoT/M2M展【春】で展示・解説いたします。
 
 
省電力マルチホップ無線 UNISONet(ユニゾネット)について
UNISONetは、ソナス株式会社が開発したマルチホップ型の省電力無線通信プラットフォームです。「同時送信フラッディング」という革新的な転送方式の採用により、IoT無線に求められる安定・省電力・高速・双方向低遅延・ロスレス・時刻同期・多数収容といった要件を同時に実現しています。これまでに橋梁・建造物の振動モニタリングや、設備・機械の予知保全モニタリング等に採用されています。

image
 
 
「Dash PoCサービス」とは
「Dash PoCサービス」は、省電力マルチホップ無線「UNISONet」をベースに、お客様の要件に合わせたPoCシステムを高速開発する新サービスです。開発プラットフォーム、アプリケーション、クラウドまでソナスが一気通貫で構築・納品します。

image
 
 
一般的に、IoTのPoCを行うには無線、センサ、電子基板、ソフト等、複数領域の開発が必要なため、多くの時間とコストが発生します。Raspberry Pi等の汎用的な基板やソフトを利用して手軽に始めることも可能ですが、その場合、本番導入に際して追加開発が必要になることが少なくありません。
これに対し「Dash PoCサービス」では、最短2週間の高速納品によりPoCをすぐ開始頂けるうえ、優れた機能・特徴によりPoC後そのまま本番環境へ移行して頂くことも可能です。

image
 
 
IoT/M2M展【春】出展について
4月10日(水)から12日(金)まで開催されるIoT/M2M展【春】では「Dash PoCサービス」に加え、構造物の振動モニタリング等で利用されている「無線振動計測システムsonas xシリーズ」や、近日リリース予定のひずみ計測システムの展示解説、実演デモ、ミニセミナーを予定しています。

日時    :4月10日(水)~12日(金)10時~18時 ※最終日のみ17時終了
場所    :東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)
アクセス  :りんかい線「国際展示場駅」徒歩約7分
       ゆりかもめ「東京ビッグサイト駅」(旧駅名:国際展示場正門駅)徒歩約3分
弊社ブース :西2ホール LPWAゾーン6-38
展示会HP  :https://www.japan-it-spring.jp/ja-jp/about.html
 
 
■ソナス株式会社 会社概要
会社名  :ソナス株式会社
所在地  :東京都文京区本郷5-24-2 グレースイマスビル6階
代表取締役:大原壮太郎
事業内容 :センシングに関するハードウェア、ソフトウェア、サービスの企画、設計、製造、販売
設立   :2015年11月
資本金  :1億9503万円
URL   :https://www.sonas.co.jp/