電車での忘れ物も、より早く、高確率で発見できるように!12月24日(金)から導入開始!

スマートトラッカー(忘れ物防止タグ)のパイオニアであるTile Inc. は、「Tile」の日本輸入総代理店であるSB C&S株式会社を通じて、東京地下鉄株式会社(以下「東京メトロ」)の飯田橋駅構内のお忘れ物総合取扱所に「Tileアクセスポイント」を2021年12月24日(金)より設置します。
今回の飯田橋駅構内のお忘れ物総合取扱所への「Tileアクセスポイント」の設置により、東京メトロ沿線の電車内でTileを装着した持ち物を紛失した場合でも、お忘れ物総合取扱所に届けられると「Tileアクセスポイント」がTileのBluetooth回線を感知し、スマートフォンなどに入れているTileアプリから、ご自身のTileをすぐに発見することができます。

これにより、紛失物を発見する確率が飛躍的に向上し、忘年会や新年会シーズンを迎えるこれからの時期でも、Tileを装着することで、失くし物の心配を減らし、これまで以上の安心を提供します。

東京メトロによると、2018~2020年度における忘れ物の受領件数は、年間数十万件にのぼり、そのなで返還率は約30%となっています。
今回の「Tileアクセスポイント」の設置でさらに忘れ物の早期発見と返還率の向上が見込まれます。

Tile Inc. は今後も”大切なものをなくさない世界”の実現を目指し、日本企業のパートナーシップ協力、新しいアクセスポイントの設置を進めていきます。

【飯田橋駅構内 お忘れ物総合取扱所 Tileアクセスポイント概要】

■導入日:2021年12月24日(金)
■設置箇所:飯田橋駅構内 お忘れ物総合取扱所
■内容 :Tile Inc.が日本輸入総代理店であるSB C&S株式会社を通じて提供する専用Bluetooth電波を拾う「Tileアクセスポイント」を「飯田橋駅構内お忘れ物総合取扱所」に設置します。Tileが装着された忘れ物が「お忘れ物総合取扱所」に届くと、その場所にお忘れ物がある旨の位置情報及びメッセージが持ち主に通知されます。

●「Tileアクセスポイント」
「Tileアクセスポイント」は、常時Tileを検索しており、サーバーと通信して世界195の国のユーザーで構成される「Tileネットワーク」を拡張することで、これまで以上に紛失物を発見する確率が向上いたしました。現在、株式会社Mobility Technologiesの全国約30,000台のタクシーの「MoT後部座席タブレット」にも導入され、「動くTileアクセスポイント」として稼働しています。
今後も駅など落とし物や忘れ物が発生しやすい場所に、アクセスポイントを設置することで「物を探すことにより生じる時間、リソース、フラストレーションをなくす」というミッションを遂行してまいります。

●みんなで探す「Tileネットワーク」
自分のTileを全世界のユーザーが探してくれる「Tileネットワーク」を使えば、自分のTileの近くを通った他のユーザーのTileアプリが自動で安全に接続することで、自分のTileの位置情報がクラウド上に安全に送信されTileアプリを通じて場所をお知らせしてくれます。本機能によって、海外旅行先や出張先などの遠方で落とし物をしてしまった場合も世界中のユーザーの協力によって見つけることができます。

●Tile Inc.について (公式サイトURL:https://thetileapp.jp/
「Tile」は、あらゆる物に対してスマートに見つかる力を与えます。「Tile」のクラウドベースの探し物プラットフォームは、195 カ国に及ぶコミュニティを活用して、大切な物を探す手伝いをしております。オーディオ、トラベル、ウェアラブル、PCなどのカテゴリーで、40以上のパートナー製品と連携しています。