知ってそうで知らない、日用品の消費スピードを可視化します

IoT重量計の上に置くだけで面倒な日用品の買い物を自動化するスマートIoT家電「スマートマットライト」は、日用品の消費スピードをレポートする機能をリリース。日用品の買い物を自動化するだけではなく、その消費スピードが可視化される、未来感のある体験を提供します。

消費レポート機能の特徴

① 日用品の消費スピードをわかりやすくレポートに
スマートマットライトで計測した商品残量を元に、消費スピードのレポートを提供。下記の様な、これまでになかった気づきを提供します。

・「お茶2L×6本は2週間でなくなるのか。オフィス用品としては費用がかさむな」
・「ビール24本を20日で飲み切っている!飲み過ぎでは」

② 消費スピードをグラフで見える化
日用品の残量を週、月、年の単位でグラフ化します。下記の様な、今まで知っていそうで知らなかった、日用品の消費スピードの変化も見える化します。さらに、介護などでの自動注文以外の用途への広がりも検討してまいります。

・「ミネラルウォーターを飲む速度が早くなっているな。最近暑いからかな。」
・「消費頻度は時期によって違うな。定期便だとやはり対応できないな」
・「介護施設で特定の部屋の水が全然減らなくなってる。何かあったのかな」

リリースの背景

2020年11月のサービス開始以来、多くのユーザーの皆様に、スマートマットライトを活用し、Amazon.co.jpでの自動注文を活用いただいています。その中で以下のようなお声をいただくとともに、弊社側のこれまで世にない「日用品の消費スピードがわかる」体験でより楽しんで利用いただきたいという思いもあり、今回の新機能のリリースに至りました。

・「残量の変動が見たい。どれくらいお茶を飲んでいるのか気になる」
・「商品残量の計測がうまくできているか不安。昨日の残量がいくつだったか」

今後の展望

より未来感のある体験をユーザーのみなさまに提供すべく、日用品の消費データを活かして以下のような改善を予定しております。

① 消費データの分析を高度化
より上手なスマートマットライトの使い方を提案すべく、消費データの分析から以下の示唆を出せるように改善予定です。

・みなさまにあった注文タイミングを提案:自動注文すべきタイミングを、消費のスピードに合わせて提案
・次回自動注文の予想タイミングを提案:これまでの消費傾向から、次の自動注文のタイミングをお知らせします
・異常検知しお知らせ:スマートマットに意図しない商品が載せられたなど、異常があればお知らせ

② LINE通知で、自動注文や商品の消費をわかりやすくお知らせ
消費データからわかる「もうすぐ自動注文される」などの情報を、よりわかりやすくみなさまにお伝えします。また、消費レポートから何かしらの示唆が出れば、それもLINEでお知らせする予定です。

③ 消費データからのランキングなどの企画を順次展開
お茶、ミネラルウォーターの消費量ランキングなど、ユーザーのみなさまに楽しんでいただける企画を順次進めてまいります。

■ スマートマットライトとは

「スマートマットライト」とは、面倒な日用品の買い物はIoTに全てお任せ、”ゼロクリックショッピング”を実現するスマートIoT家電です。水などの飲料品や洗剤をはじめとする日用品をIoT重量計に置くだけで、商品残量を自動計測し、少なくなったら自動的に再注文します。現在は、Amazonで販売されている商品に対応しています。ワクワクしない面倒な日用品の買い物を自動化、さらに定期便などにありがちな商品ストックが過剰に溜まってしまう心配もなくなり、実際の自分の生活リズムやスタイルに合ったスマートライフを可能にします。

■ 株式会社スマートショッピング

「日々のモノの流れを超スマートに」することを目指し、IoT重量計を使った在庫管理・発注自動化ソリューションを開発。製造業、医療機関などのB2B向けには、あらゆる在庫の管理・棚卸や発注を自動化するSaaS「スマートマットクラウド」(https://www.smartmat.io/)を展開。消費者向けには、面倒な日用品の買い物を自動化、ゼロクリックショッピングを実現する「スマートマットライト」(https://service.lite.smartmat.io/)を展開しています。

会社名:株式会社スマートショッピング
所在地:東京都品川区西五反田2-1-22プラネットビル5階
代表者:志賀 隆之/林 英俊
設立: 2014年11月
URL: https://smartshopping.co.jp/