二つのプラットフォームの連携を可能にし、充実したIoT環境の構築を実現

株式会社デンソーウェーブ (本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役会長:杉戸克彦) は、このたび、産業オープンミドルウェア「ORiN」と、製造業向けオープンプラットフォーム「FIELD system」との連携を実現する「ORiN on FIELD (ORiNコンバータ)」を5月15日 (水) から発売します。本製品は、ファナック株式会社 (本社:山梨県忍野村、代表取締役社長:山口賢治、以下ファナック社) が運営する「FIELD system Store」を通じて購入できます。

image

近年におけるIoT導入・活用の機運の高まりを受け、製造現場からは、産業用ロボット、PLC、センサーなど設備を構成する多種多様なFA機器と、稼働監視システム、予防保全システムなどさまざまな上位アプリケーションを接続し、工場のIoT化を行いたいという要求が高まっています。こうした中、今回発売するORiN on FIELD (ORiNコンバータ) は、ORiN関連製品*3を活用して250種類以上の各社FA機器から収集したデータを、FIELD systemが提供する豊富なアプリケーションと連携できるようになり、より充実したIoT環境が構築可能です。

デンソーウェーブは、IoTの可能性を広げる「ORiN on FIELD (ORiNコンバータ)」を新たな商品ラインナップに加え、より幅広いお客様のニーズに貢献してまいります。
 
 
<参考資料>

■ 製品概要
製品名:ORiN on FIELD (ORiNコンバータ) “オライン・オン・フィールド (オライン・コンバータ)”
価格:149,800円 (税抜)
販売:FIELD system Storeからのライセンス購入

※1.工場内の各種装置に対して、メーカー・機種の違いを超え、統一的なアクセス手段と表現方法を提供する産業オープンミドルウェアの名称
※2.ファナック社が開発・運用・管理する製造業向けオープンプラットフォームの名称
※3.デンソーウェーブの製品 IoT Data Server、IoT Data Share、ORiN2 SDKのこと
 
 
◇販売に関するお問合せ先
株式会社デンソーウェーブ IoT推進部 営業室
Tel:0569-49-1842 Email :iot-sales@denso-wave.co.jp