UR 2030 IoT・AIの未来の住まい

独立行政法人都市再生機構(以下「UR」)は、平成30年1月30日に東洋大学情報連携学部(以下「INIAD」)と技術協力の覚書を締結して以降、INIADの坂村健氏を会長とする「URにおけるIoT及びAI等活用研究会」を設置し、次のとおり検討を重ねてきました。

『HaaS』という新たな発想のもと、IoTやAI等の情報技術を活用した魅力的で安心な生活環境である『Open Smart UR』の実現に向けて2030年の住まい方を想定したコンセプトブック「UR 2030」を作成しました。

赤羽台スターハウス住棟において、「UR 2030」の一部を具現化した『Open Smart UR』スタートアップモデル住戸、および対比用として建設当初(昭和30年代後半)の再現モデル住戸を整備しました。
今後、民間企業等と連携したプラットフォームを立上げ、研究会によるオープンなIoT・AI等技術の連携を進める予定であり、これに向けてコンセプトブック「UR 2030」とモデル住戸について、概要や公開予定をお知らせします。

■『Open Smart UR』スタートアップモデル住戸
img
■再現モデル住戸
image



 
1 コンセプトブック「UR 2030」の概要

1)URのHaaS(Housing as a Service)の発想
・UR賃貸にIoTやAI等の情報技術を活用することで、従来の団地の提供にとどまらず、「ハウジング」という新たな生活環境を、ITプラットフォーム上の様々なサービスを使い提供することを目指しています。

2)Open Smart URの実現へ
・住まいのニーズが多様化するなか、2030年の近未来を想定し、HaaSの発想によりUR賃貸における魅力的で安心な暮らしを提案しています。

※本冊は、当機構のホームページでご覧いただけます。
https://www.ur-net.go.jp/rd_portal/ur2030/index.html
 
■コンセプトブック「UR 2030」

image
image


image

2 モデル住戸の概要

1)場  所:赤羽台スターハウス44号棟1階(東京都北区赤羽台1丁目4-44)

2)対象住戸:①『Open Smart UR』スタートアップモデル住戸(102号室)
       <コンセプト>
        ・自宅で働けるコンパクト・テレワーク・スマート住宅
        ・様々な設備が連携して環境を最適化できるIoT住宅
        ・「サービス」を提供するHaaSを画面イメージで提示
        ・多様な住人プロフィールに対応できるプログラマブル住宅
       ②再現モデル住戸(103号室)
         … 建設当初(昭和30年代後半)の住戸を再現

ima

image

3 モデル住戸の公開予定
下記のとおり2段階での公開を予定しています。
1)第1弾
   対 象:民間事業者等
   期 間:令和元年7月1日(月)~9月27日(金)
   申 込:受付専用の電話回線およびメールアドレスにて申込み
        ※定員になり次第終了。
   詳 細:ホームページ参照
       (https://www.ur-net.go.jp/rd_portal/ur2030/index.html

2)第2弾(予定)
   対 象:一般公開
   期 間:令和元年10月中旬
   詳 細:後日あらためてホームページに掲載

○案内図
モデル住戸所在地 東京都北区赤羽台1丁目4-44
image