JIG-SAW株式会社(東京都千代田区、以下JIG-SAW)は、「IoT通信ソフトウェアの超小型化と標準化」をコンセプトに、組込みエンジンNEQTOの新シリーズである超極小ソフトウェア「NEQTO-m」の開発が完了し、2021年8月23日(月)より、提供を開始いたします。

■「NEQTO-m」概要

「NEQTO-m」は、メモリ内のわずか256KBサイズのマイクロコントローラーユニット(以後、MCU)に組み込まれたNEQTOエンジンの、新しいシリーズの超極小ソフトウェアです。
「NEQTO-m」は、NEQTO Console(コンソール)を経由してデータ転送する仕組みに特化しており、この「NEQTO-m」とデバイス管理ダッシュボードのNEQTO Consoleにより、即座にデバイス管理の仕組みを構築することが可能となります。

■「NEQTO-m」3つの特長

・圧倒的な省メモリ化を実現するソフトウェア設計が可能
MCU内の利用できるメモリ領域のより一層の小型化を実現しており、MCUの選択肢が増え、ハードウェア全体のコスト削減にもつながります。

・柔軟な双方向通信
「NEQTO-m」が搭載されたハードウェア端末からユーザーのクラウド間をセキュアに通信する機能である、NEQTO Flow(以下、Flow)の利用が可能となります。
Flowを通じ、指定のクラウドへのセキュアな通信経路を即座に確保し、データ活用が可能です。

・確実なデータエラー検知
NEQTO Consoleとお客様のクラウド間の通信が遮断した際に、即時通知機能が搭載されているため、データの欠損等を自動的かつ即座に認識することが可能です。

■活用例

<IoTハードウェア開発>
STマイクロ社製STM32 M4マイコン(STM32L4+)とSTM32 Discoveryシリーズのリファレンス回路を使用し、自社独自のIoTハードウェア基板の量産が可能です。

<機器・機械・装置への後付け>
あらゆる業務用機器(空調機器や冷蔵庫等の多様な機器類)の内蔵基板と「NEQTO-m」搭載基板にUART接続し、出荷済の機器に外付けが可能です。

<状態監視>
「NEQTO-m」搭載基板と各種センサー活用し、工場や倉庫の空間の温・湿度や機械の状態監視等を設定することが可能です。

■対象MCU製品 STM32L4+

STマイクロ社製開発者キット STM32L4+Discovery Kit IoT node (B-L4S5I-IOT01A)
詳細URL https://www.st.com/en/evaluation-tools/b-l4s5i-iot01a.html

STマイクロ社製STM32L4+Discovery Kitは、世界中のどこからでも購入でき、「NEQTO-m」の技術評価をすることが可能となりました。

NEQTOとは
JIG-SAWが開発したスクリプト技術を応用した通信用ソフトウェアで、高セキュア・超軽量の通信処理のマイコン組込み型エンジンです。
NEQTOサイト https://neqto.jig-saw.com/

JIG-SAW株式会社について

クラウド-エッジ(エンドトゥーエンド:E2E)IoTデータコントロールサービス
独自アルゴリズムによる全自動IoT・クラウドデータ制御・エッジコネクトサービス
最先端チップ、モジュール開発及び各種通信制御、次世代リアルタイムOS・自動運転技術などの研究開発
※最適自動制御・運用技術「オペレーションテクノロジー(OT)」をベースにした全産業の自動化、分散化、シェアリング化のためのA&Aサービスを展開
※OS技術を軸としたソフトウェア技術と組込み、超高速通信、信号制御を軸にしたハードウェア技術の保有並びに基盤技術の再生医療及び画像制御分野等への応用

会社概要

JIG-SAW株式会社
https://www.jig-saw.com/

東京本社/東京都千代田区大手町1丁目9番2号
コントロールセンター/ 札幌2拠点(N83 & N44)、北米1拠点(TCC)
米国法人/サンフランシスコ、サンノゼ
カナダ法人/トロント