静かな空間でも声を出さなくてもあらゆる対応家電の操作が可能に

照明デザインとテクノロジーを融合させたLED照明を展開するNanoleaf社(所在地:オンタリオ州トロント、代表:Gimmy Chu(ジミー・チュウ)は、好評発売中のスマートインテリアLEDパネル「Nanoleaf Canvas」に新たな機能Touch Actionが新登場します。

i

Nanoleaf社は、トロント大学でソーラーパネルの研究をしていたGimmy Chu、Tom Rodinger、Christian Yanの3名のエンジニアによって、2012年に設立されました。彼らは、従来の電球型LED照明にイノベーションをもたらす為に、LEDパネル「Nanoleaf」を開発しました。「Nanoleaf」は、消費電力を最小限にコントロールする設計がされており、専用アプリから操作することで、約1600万色以上の中から配色が可能です。

今回のTouch Actionは、Canvas自体を家全体のスマートボタンにします。
パネルを1回タッチするだけで、HomeKitシーンをアクティブにしHomeKitに対応している製品をコントールできるようになります。今まで声を出して操作していたスマートホームも夜子どもが寝静まった時など、静かなシーンでも音を出さず操作が可能です。

誕生の背景は商品開発のディレクターが就寝時、スマートフォンと連携しているスマート家電のスイッチをオフにしようとしたことがきっかけです。スイッチをオフするためにはスマートフォンのロック解除、アプリを開くという2つの手順が必要でした。1つの動作で完了する機能があれば便利だと考えたディレクターは、キャンバスにワンタッチでスマート家電が操作可能な機能を実現しました。

例えば「モーニング」というアクションの設定でケトルや照明をオンにし、自分だけの快適な朝をタッチ1つで過ごすことができます。

■Nanoleaf Canvas Touch Actions 動画

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=JoV56ajTEMI&t=4

i
 

■MoMA STORE 限定モデル 「Nanoleaf Canvas Smarter Kit – 13 Light Squares」も9月20日にMoMA Design Store(モマ デザインストア) 心斎橋店にて発売

Nanoleafキャンバスは、新しいコンセプトのスクエアパネル型スマートLED照明です。音楽を光にシンクロさせる技術を内蔵し、初めてタッチセンサーのコントロールモジュールを搭載しました。
拡張パック(別売)をつなぎ合わせていただくことで1度に最大500枚まで正方形の照明パネル、ライトスクエアを簡単に接続することができます。
今回は、13枚パネルセット(12ライトスクエア+1コントローラースクエア)のMoMAストア特別パッケージを発売します。

i

<製品詳細>

商品名:Nanoleaf Canvas Smarter Kit – 13 Light Squares
価格:34,000(税抜)