~工場機械の実稼働時間の把握で作業工程の見直しなど改善活動へ~

西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西岡 伸明、以下「西菱電機」)は、2018年10月17日より「円筒研削盤作業時間見える化キット」の提供を開始致します。

Iot1

システム構成図


■概要
円筒研削盤の作業時間を可視化するためのキットとして、センサーデバイス、ゲートウェイ、IoTサービスを提供致します。反射センサー、距離センサー、電流センサーを組み合わせて利用することで、IoTダッシュボード画面より円筒研削盤の実稼働状況をリアルタイムに確認することができます。

■活用例
お客様がお持ちの生産データや作業日報とIoTサービスの実測データを突合することで、工場内の改善活動にご活用いただけます。
(例)
・機械ごとの一日の実稼働時間の把握
・製品ごとの段取り時間や作業時間の把握
・作業者毎の作業時間のバラつきの把握による人材育成

■提供内容

表

提供品

※1 対象の円筒研削盤が複数台ある場合、センサーブロックは増設が可能です。
※2 サービス利用料は、13ヶ月目以降に継続利用する場合は別途契約が必要となります。
※3 BH3製品サイト:https://bh.bizright.co.jp/

■西菱電機株式会社
携帯情報通信端末の販売及び修理再生などを手がける「情報通信端末事業」、情報通信機器及びシステムの開発、販売、保守、運用を手がける「情報通信システム事業」、IoTサービスを中心とする「IoT事業」を展開する ICT ソリューション企業です。

■「Seiryo Business Platform(SBP)」とは
「Seiryo Business Platform(SBP)」とは、西菱電機が提供するInternet of Things(IoT)やコミュニケーションツールのサービス群の名称です。企業などの現場改善や生産性向上のために、信頼性のあるデータ計測や手入力作業の自動化など、業務の数値化や手間の多い業務の削減によって現場改善をサポートいたします。