第3回 Japan IT Week 関西
会期:2019年1月23日(水)~25日(金)会場:東京ビッグサイト

2019年1月23日(水)から25日(金)の3日間、インテックス大阪にて「第3回 Japan IT Week 関西」を開催いたします。本展は、IoT/M2M、情報セキュリティ、クラウドコンピューティング、デジタルマーケティング、業務自動化ソリューションなどが出展する、8つの専門展から構成された関西最大※のIT展示会です。3回目の開催となる今年は、350社※が出展。西日本でのビジネス拡大を求める来場者にとって欠かせない展示会となっています。

今回は、長年培ってきた経験とノウハウで開発された、画期的なソリューションを一部ご紹介。ITの技術は日々、驚くべき速さで進んでいます。今まで悩んでいた課題に対し、解決できるソリューションが見つかるかもしれません。ぜひご来場ください。(※同種の展示会との出展社数・面積での比較 ※予定。同時開催展含む。)

IT Week
 
 

■□■ 注目の出展製品・ソリューションを一部ご紹介 ■□■

◆革新は、違うカタチをしている。新しい概念のサイバーセキュリティ製品

製品名:AppGuard
社 名:(株)電通国際情報サービス
これまでの「検知型ウィルス対策ソフト」ではなく「OS Protect型」という画期的な新概念で、未知の脅威からシステムを守るエンドポイント製品。狙われやすいアプリケーションを特許取得済み「Isolation技術」で簡単かつ完璧に防御します。この技術は、長年 米国の政府機関で使用され、今まで一度も破られたことがない実績があります。



 
 
◆「急増するIoTデータ」×「位置情報」×「地図」の活用がビジネス変革のカギ

製品名:ArcGIS Online
社 名:ESRIジャパン(株)
マップを Web ブラウザ上で作成、利用、管理するサイトを提供するクラウドサービス。位置情報を素早く簡単にマップ上で可視化し、外部への共有やデータの解析などを行うことが出来ます。世界シェアNo.1の地理情報システムを活用して、データ活用の高度化を実現してみませんか?見える化できていないIoT担当者必見のソリューションです。



 
 
◆海外戦略を実現する インターネット多言語化ソリューション

製品名:WOVN.io (ウォーブン・ドット・アイオー)
社 名:Wovn Technologies(株)
WEBサイト・アプリの多言語化を実現するSaaSプロダクト。グローバルビジネスを推進するうえで、ユーザーがぶつかる多言語化に関する様々な課題(システム対応、翻訳、運用体制の構築、アプリ対応等)に対し、豊富なノウハウや実績に基づいた最適なソリューションを提供します。



 
 
◆「有線」「電波」に次ぐ、第三の通信手段をご提案

製品名:光無線通信
社 名:岡本無線電機(株)
太陽誘電が提案する光無線通信は、光による1対1の無線通信を安定した速度で行うことができる、世界最小クラスの装置です。干渉やノイズの影響を受けないため、通信障害が発生しません。工場内だけでなく、ガラス越しの建物間通信や、電波が混信しやすいテーマパーク、景観維持が必要な観光施設でも効果を発揮します。



 
他にも、
●「RPA」を活用した、事務業務の自動化・省力化サービス
●「AI」を活用し、システム登録作業を支援!
データの取り込み、仕分け、抽出までの作業 自動化ソリューション
など、最新のITソリューションが多数出展!

製品・出展社の検索はこちら ⇒ https://www.japan-it-osaka.jp/eguide/

この機会をお見逃し無いよう、ご関係者様をお誘いあわせのうえぜひご来場ください!
 
 
ご入場に必要な招待券お申込み(無料)はこちら https://www.japan-it-osaka.jp/ai_inv/
(※招待券をお持ちでない場合、入場料¥5,000/人がかかります)
 
 

【 第3回 Japan IT Week 関西 】 開催概要

会  期:2019年1月23日[水]~25日[金] 10:00~18:00 (25日[金]は17:00まで)
会  場:インテックス大阪
主  催:リード エグジビション ジャパン(株)
出展社数 / 来場者数見込み:350社 / 30,000名 [予定。同時開催展含む]

◎ 会場レイアウト図はこちらから https://www.japan-it-osaka.jp/doc_map/
 

*本メールに記載の出展社数(共同出展社を含む)は、2018年9月25日時点での
最終見込み数字であり、開催時には増減の可能性があります。