最新のダッシュボードを公開URLで第三者に共有可能に

IoTプラットフォームSORACOMを提供する株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、以下ソラコム)は、ダッシュボードの作成と共有、アラート通知をサポートする「SORACOM Lagoon」(ソラコム ラグーン)において、公開URLで最新のダッシュボードを共有できる「スナップショット機能 自動更新オプション」を2021年10月27日より提供開始します。
SORACOM Lagoonは、SORACOMのIoT通信を利用すれば、サーバーやアプリケーションの準備なしに、簡単なブラウザ上の操作だけで作成できるIoTダッシュボードサービスです。グラフ、テーブル、地図など10種類以上の可視化方法やアラート通知の設定を組み合わせて、用途に合ったダッシュボードを手軽に作成できます。

現場のデジタル化、ダッシュボードによる見える化はDXの第一歩です。SORACOM Lagoonは、その手軽さから製造設備の遠隔監視、エネルギー業における残量トラッキング、工事現場の環境センシングなどの用途で、実証実験から業務利用まで幅広く使われています。

SORACOM Lagoonでお客様が作成したダッシュボードを共有する方法は2種類あります。SORACOM Lagoonの閲覧ユーザーをあらかじめ作成し、その認証情報を使ってダッシュボードにアクセスする方法と、ある時点でのダッシュボードのレイアウトとデータを写し取るスナップショットを作成し、その公開URLを第三者に共有する方法です。

スナップショットは、これまで作成時点のダッシュボードのデータのみ共有可能でした。この度、提供開始する「自動更新オプション」を有効にすることで、定期的に最新のデータに自動更新されるようになります。

例えば、工場設備の状況や建設現場の環境情報などのデータを収集し、複数のモニターやサイネージで閲覧できるようにするケースや、河川の水位情報といった自然環境を観測し、住民が誰でもアクセスできる公開URLを生成し最新のデータを共有するケースなどで便利にご利用いただけます。

なお、本機能は「Proプラン」でご利用いただけます。詳細は、ユーザードキュメントをご覧ください。

ソラコムは「IoTの民主化」を掲げ、SORACOMプラットフォームを通じてIoT技術をより使いやすく提供することで、多くの活用事例とイノベーションの創出を目指します。

SORACOM Lagoon ダッシュボード共有

特徴:
– SORACOMのIoT通信を利用していれば、サーバーやアプリケーションの準備なしでダッシュボードを作成・共有できる
– 共有方法1:ダッシュボードのスタップショットを共有するURLを生成、ユーザーは認証なしで公開URLにアクセスできる(アクセス数制限なし)
– 共有方法2:作成したユーザーにダッシュボードへのアクセス権を付与、ユーザーはログインして最新のデータを閲覧可能

共有可能な端末:
パソコン、スマートフォン、タブレット、サイネージ、キオスク端末など

料金:
SORACOM Lagoonには、無料プラン、Makerプラン、Proプランの3つのプランがあります。
スナップショット機能の利用は、SORACOM Lagoon のProプラン(月額 5,478円 税込)の契約が必要です。

※ スナップショット機能 自動更新オプションは Public Beta* としての提供です。
* Public Betaは、正式サービスとしてご利用いただけます。お客様からのフィードバックをもとに、頻繁に機能追加し、より使いやすく進化を続けるという意味を込めています。

ウェブサイト

SORACOM Lagoon
https://soracom.jp/services/lagoon/

ユーザーガイド:SORACOM Lagoonの機能詳細
https://users.soracom.io/ja-jp/docs/lagoon-v2/

ソラコムについて

IoTプラットフォームSORACOMを通じてIoT通信とインターネットに「つなぐ」システム構築に必要なサービスを提供しています。SORACOMの利用で、少ない初期費用でIoT活用のアイデアをスピーディに実現でき、20,000超の様々な業界・規模のお客さまがビジネスの進化に利活用しています。
ソラコムコーポレイトサイト https://soracom.com