IT/IoTのシステム開発を手掛ける西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井希伊、以下「西菱電機」)が提供するIoTセンサーデバイス「IoTボックス」が、2019年7月31日より、ソーラーパネルシステムに対応いたします。屋外で電源のないところに設置されたモノの情報を無線でインターネットに接続することは難しく、IoTの利用を諦めていたような場所でも、ソーラーパネルシステムを利用することで、電源がいらなくなり、設置場所を選ばないので、温度、湿度、土壌温度、土壌湿度、CO2などの環境データの収集ができるようになります。
【構成図】

構成図

【想定される顧客の課題】

・商業施設、工場敷地内など民間施設で、アナログで計測・記録していたデータを日次で自動収集したい
・ダム、河川、山間部など公共設備周辺で、職員が現地に出向かず自動的にデータを収集したい
・果樹園、ハウス栽培など屋外で電源のとれない場所で、環境データを収集したい
・農作物の成長に合わせて、IoTセンサーデバイスの設置場所を変更したい
・メンテナンスに手間がかからない機器を導入したい

【特長】

・ソーラーパネルの利用とバッテリーの内蔵により、屋外などの電源がない場所でも利用できます
・電源がいらない構造になっているので、設置場所の変更ができます
・バッテリー交換がいらないので、メンテナンスが容易です

■IoTボックスとは

IoTセンサーデバイス「IoTボックス」は、無線通信方式により、3つのモデルがあります。モデルは、WiFiを使用するモデル、携帯電話と同じ移動体通信の3Gを使用するモデル、IoTに最適だと言われているLPWA(省電力広域ネットワーク)の規格の一つのLoRaWANを使用するモデルです。IoTボックスには標準で温湿度センサーが装備されています。農業でご利用のお客様向けに、オプションで、取替式土壌センサー、CO2センサーを提供しています。取替式土壌センサーの特長は、IoTボックスと土壌センサーを分離して設置ができるので、例えばハウス内の日の当たる場所の環境データを取得したいなど用途に応じて柔軟な設置ができ、センサーは腐食しても取替えられるので経済的です。

■「Seiryo Business Platform(SBP)」とは

「Seiryo Business Platform(SBP)」では、「ITで仕事をポジティブに、そして生活を豊かに」をアウトカムとして、業務効率化や生産性向上のためのサービスを提供しています。例えば、産業機械の稼働状況の可視化、圃場の環境の可視化、社内の屋内環境の可視化などのIoTサービスや、日報・業務報告アプリ「Check-in(チェックイン)」、IPトランシーバーアプリ「Transceiver(トランシーバー)」、インカムアプリ「Incom+(インカムプラス)」などのコミュニケーションサービスをご利用いただけます。

■「Seiryo Marketplace」とは

Seiryo Business Platformに関連する製品やサービスをオンライン上で購入することができます。導入事例、カタログなどSeiryo Business Platformに関する情報がいつでも入手できる他、今後は、開発者ブログやホワイトペーパーの掲載など、IoTや業務効率化に関する役立つ情報を発信していきます。
オンラインストアURL:https://marketplace.seiryoelectric.com