IoTを活用してトイレの空満状況を配信するサービスを行う株式会社バカン(本社:東京都新宿区、代表取締役:河野剛進)は、川崎市(市長:福田紀彦)と東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上福造、以下NTT東日本)と連携し、2019年5月5日(日)〜6日(月)に開催される「サイバスロン車いすシリーズ日本2019」に合わせて、会場およびその周辺の多目的トイレの空満状況をリアルタイムに地図上で閲覧できるサービスを提供します。複数の施設のトイレの空満状況を地図から一覧確認できるプラットフォームは、株式会社バカン初のサービスです。

■本取り組みの背景

現在、多様な人が多目的トイレを利用しています。車いすを利用する方、オストメイトの方等、利用時間が長く必要な方や、異性に介助されている等の理由で男女別トイレの利用が困難な方もいます。移動に困難を伴う多目的トイレを利用する方がやっとの思いでトイレにたどり着いても、長時間待たなければならないという事態もあり、移動前に多目的トイレの空満状況を知りたいという要望がありました。

■IoTを利用して多目的トイレの空満状況を把握し、マップ上に表示

IoTを活用してトイレの空満状況を把握できる空席情報検索プラットフォーム「Throne」を導入。トイレが空いているかをセンサーで検知します。検知した多目的トイレの空満情報は、競技大会の会場となるカルッツかわさきに設置されたサイネージや、スマートフォン向けの地図情報ページ※上に表示します。これにより、現地に訪れなくても多目的トイレの空き状況がわかるようになります。
【サイネージ表示画面イメージ】
main

【バリアフリーマップからの連携イメージ】    
sub1

※開発中のイメージです。
※地図情報は、川崎市の地図情報システム「ガイドマップかわさき」のバリアフリーマップや、「サイバスロン車いすシリーズ日本2019」、「かわさきパラムーブメント」の公式HPから、専用のページにリンクします。

<参考>「サイバスロン車いすシリーズ日本2019」の概要

サイバスロンとは、スイス連邦工科大学のロバート・リーナー教授が2013年に提唱して始まった、4年に1度開かれる国際競技大会です。障がいのある人たちが先端科学技術を駆使したアシスト機器を使って、電動車いすを使用して階段の昇り降りを実施する、電動義手を使用して洗濯物を干す等、日常生活に必要な動作で競います。技術者と、技術を操縦する「パイロット」と呼ばれる障がいのある人たちは、さらに使いやすい技術を開発するために、開発の段階から協力して、レースに挑みます。
大会を通じ、障がいのある人たちにとっての日常生活における平等や、社会参画についての対話を促すことを目的とします。
2020年開催される第2回大会に先立ち、1種目ごとの「サイバスロン・シリーズ」を世界各地で開催します。今回日本で開催されるのが、電動車いす部門に特化した「サイバスロン車いすシリーズ日本2019」。スイス・香港・ロシア・日本などの世界各地から、全8チームが出場します。

<日時・会場>
①競技大会(電動車いすレース)
日時 :2019年5月5日(日) 10時開場 11時開演 18時終了予定
会場 :カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)
神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-4
②シンポジウム
日時 :2019年5月6日(月) 12時開場 13時開会 18時終了予定
会場 :KCCIホール 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル2F
*いずれも入場無料(事前登録要)

<大会公式HP> https://www.cybathlonseriesjp.com/

■ 株式会社バカンの概要

商号: 株式会社バカン
本社所在地: 〒162-0824東京都新宿区揚場町2番20号 嶋田ビル5F
URL: https://www.vacancorp.com
代表取締役: 河野 剛進

株式会社バカンは、NTT東日本が開催している「アクセラレータープログラム」(https://www.ntt-east.co.jp/collaboration/)に参加し、NTT東日本と協業を開始しております。