IoT機器から取得したデータをリアルタイムに表示できるダッシュボード作成ツール「conect+ Studio(コネクトプラススタジオ)」のベータ版の提供を、2019年9月18日に開始します。

データデザインツール「conect+ Studio」イメージ画像

ソフトバンク株式会社の子会社で、企業や個人のIoTプロジェクトを支援するconect.plus株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:坂井 洋平、以下「コネクトプラス」)は、IoT機器から取得したデータをリアルタイムに表示できるダッシュボード※1作成ツール「conect+ Studio(コネクトプラススタジオ)」のベータ版※2を、2019年9月18日から提供します。

「conect+ Studio」には、各種データを分かりやすく表示するために、グラフやイラストを用いてデザインしたウィジェット※3を豊富に用意しています。お客さまは、プログラミングの知識やスキルがなくても、表示したいウィジェットを選択し自由に配置するだけで、分かりやすいダッシュボードを簡単に作成できます。また、今後搭載する予定のルールエンジン※4機能を活用すると、メールやチャットなどさまざまな外部システムと連携が可能になり、IoT機器から取得したデータを通知することができます。例えばオフィスや工場などで、センサーが異常値を検知した場合に、リアルタイムに管理者へメールで通知するなど、IoTを活用して施設を運用することができます。

従来は、IoT機器から取得された膨大なデータを可視化し、有効に活用するには、プログラミングなどの専門知識やスキルが必要とされ、IoTを活用したサービスの企画および開発において大きな課題となっていました。コネクトプラスではこのような課題を解決するため、IoT機器からの取得データをリアルタイムに表示するアプリを簡単に作成するサービス「concect+」※5の提供を2019年4月に開始しました。「conect+」は、お客さまがIoTプロジェクトの初期段階などに、スマートフォンのアプリを使って手軽にセンサーの検証ができる点を評価をいただいています。また企業のお客さまの間では「IoTを使って、より本格的なビジネスをしたい」というニーズが増えており、それに応えるべく、このたび「conect+ Studio」を提供することになりました。コネクトプラスは今後も、「技術と人をデザインでつなぐ~Connecting great Designs with great Technologies~」をコンセプトに、IoTプロジェクトに挑戦する企業や個人を支援します。

なお、コネクトプラスは、2019年10月15〜18日に幕張メッセで開催される最先端テクノロジーの展示イベント「CEATEC 2019」の「イノベーショントークステージ」に登壇し、「conect+ Studio」および「conect+」の説明を行う予定です。

<登壇概要>

日 時:2019年10月17日(木) 午後0時30分〜午後1時15分(うち10分弱)
場 所:幕張メッセ 展示ホール8(千葉市美浜区中瀬2-1)
登壇者:conect.plus株式会社 代表取締役 CEO 坂井 洋平

※1 さまざまなデータを集約して、統合的に表示する画面。
※2 各機能は順次追加する予定です。各機能の検証ができ次第、2019年度内を目処に正式版として提供開始する予定です。ベータ版の提供期間中は無料で利用いただけます。
※3 スマートフォンやパソコンの画面に埋め込む、小型のアプリケーション。
※4 物事の状況や条件に応じて、あらかじめ指定したプログラミングを実行する機能。
※5 今後「conect+」は、「conect+ Lite」に名称変更する予定です。

■「conect+ Studio」のロゴ

「conect+ Studio」ロゴ

「conect+ Studio」の詳細は、こちらをご覧ください。
https://www.conect.plus/studio

■「conect+ Studio」に関するお客さまからの問い合わせ先

https://www.conect.plus/contact/
※SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
※その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。