株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「インダストリアルIoT (IIoT) の世界市場予測 2025年:デバイス & 技術 (センサー・RFID・産業用ロボット・DCS・状態監視・ネットワーキング技術) 、コネクティビティ (有線・無線・フィールド) 、ソフトウェア (PLM・MES・SCADA) 垂直産業、地域」 (MarketsandMarkets) の販売を5月28日より開始いたしました。

インダストリアルIoT (IIoT)市場は、2020年の773億米ドルから2025年には1,106億米ドルに達し、CAGRは7.4%で成長すると予測されています。IIoT産業の成長は、半導体・電子機器の技術進歩、クラウドコンピューティングプラットフォームの利用拡大、IPv6の標準化、各国政府によるIIoT関連の研究開発活動への支援などが要因となっています。

IIoT市場を支配するネットワーク技術

2019年のIIoT市場はネットワーキング技術が主導しました。中でも無線技術はIIoTの中心分野となっています。多数の機械やセンサーノードがこの技術を使ってインターネットに接続され、デバイス間の通信を容易にしています。これらの技術により、意思決定のための大量のデータ収集も可能になります。また、接続範囲、電力要件、データ転送速度に基づき、幅広いワイヤレス通信技術も利用可能です。産業部門では、マシン・ツー・マシン(M2M)通信のためのセルラー技術への依存度が高まっています。

最高のCAGRで成長する農場管理システム

農場管理ソフトウェアの需要は、最も高いCAGRで成長すると予想されています。世界的に精密農業の利用が増えていることが、農場管理システムの成長を後押しすると予想されています。精密農業は、これまでデータ収集の不足により、分析や解釈ができなかった農家の意思決定に役立ちます。農場管理システムで使用されるソフトウェアは、栽培者が長年収集した情報を利用して、取得データに基づいた作業計画の作成、平均収量データ分析、利益マップの作成、土壌検査結果の入手などを可能にします。

アジア太平洋地域(APAC)が最大のシェアを占める

2019年にはAPACが金額ベースで最大シェアを保持しました。同地域は産業製造業の一大拠点であり、多額な投資と事業拡大のためのグローバル拠点となっています。人口の増加、研究開発への投資、国内外のIT企業によるビッグデータ分析やクラウドベースサービスへの注目などが、この市場の成長を牽引すると予想されています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama927390-industrial-iot-iiot-market-by-device-technology.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【 ニュース提供元サイト 】
https://www.gii-news.jp/mama927390-20200527/