Actcastを活用したリスク対応可能な次世代プラットフォーム

Idein株式会社(代表取締役CEO:中村晃一、本社:東京都千代田区、読み:イデイン)は、新たにウイルス感染拡大防止エッジAIアプリケーションの開発に着手し、それらを当社が開発したエッジAIプラットフォームActcastで利用可能とすることで、有事の際に機動的に対応が可能な次世代AI/IoTシステムの構築を可能にします。

ポストコロナ社会におけるAI/IoTシステムの姿

感染症の流行は突然やってくるため、事前の十分な準備が難しい一方、発生時の対応にはスピードが重要となります。また、経営効率とは異なる観点から無人化や省人化が必要不可欠な状態に瞬時に陥ることが今般の新型コロナウイルス感染拡大で明らかとなりました。

今後、感染症に限らず、あらゆる有事やリスクへの対応が可能なAI/IoTシステムこそが、ポストコロナ社会で求められる姿であると当社は考えます。有事の際に対処療法的に導入するシステムでは、スピードおよびコスト面で事業の持続可能性を高めることはできません。

図:ポストコロナ社会で企業から求められるAI/IoTシステムのイメージ

エッジAIプラットフォームActcastによる次世代AI/IoTシステムの構築

Actcastは、当社が独自に開発をした世界随一の高速化技術を搭載することで、調達が容易かつ安価な汎用デバイス上でも高精度なエッジAI解析を可能とするプラットフォームであり、Web上で大量のデバイスを遠隔で管理(アプリインストール、切り替え、更新等)できます。

現在、プラットフォーム上には性別・年齢解析等の様々なアプリが用意されていますが、ここに新たにリスク対応アプリを追加することで、迅速な有事対応とポストコロナ社会に向けた平時対応をシームレスに共存させる、持続可能なシステムの構築が可能になります。

図:Actcastによる次世代AI/IoTシステムの課題解決

現在開発中のアプリケーション

現在当社では、新型コロナウイルス感染拡大防止に資するアプリケーションとして、下記をActcast上のマーケットプレイスにラインナップすべく、パートナー企業と共に開発に着手しております。

今後の展開

今後は、上記アプリケーションの開発だけでなく、あらゆるリスク・あらゆる社会情勢を想定した、アプリケーションのラインナップを拡充していきたいと考えております。従いまして、AIモデル開発ベンダーの皆様とのアプリ共同開発や、事業会社のDXをサポートされるITサービス会社様、実際にシステムを利用する事業会社様とのより良い処理データの活用ソリューションの開発にむけたパートナーシップを拡大させ、次世代AI/IoTシステム構築と社会普及を通して、持続可能な社会経済の実現に貢献して参りたいと考えております。

Actcast
サービスURL: https://actcast.io
twitter: https://twitter.com/actcastio
問合せ先: contact@actcast.io

Idein株式会社
所在地:東京都千代田区神田神保町1-105
代表者:代表取締役 中村 晃一
設立年月:2015年4月
URL: https://idein.jp