食品に直接触れても安心のPt100センサーモデルを今秋投入

ラトックシステム株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:近藤 正和、以下「ラトックシステム」)は、HACCP対応温度管理システム「ハサレポ」用デバイスとして、液体に挿して水温を直接計測できる温度センサー(Pt100センサー)を新たに開発、2021年秋から出荷開始することをお知らせします。

ハサレポは、おもに食品の製造現場向けに提供するクラウドサービスです。温度計測、記録、アラート通知、帳票出力がワンパッケージになっています。保管庫や冷蔵設備などの温度を計測し、指定範囲を超えるとスマホにお知らせします。温度はグラフで表示、その変化から今までは気づかなかった温度の異常や改善点を見出せます。さらにHACCPで義務化されている帳票作成をサポート。記録と帳票作成の自動化で、現場の負担を軽減します。

HACCP対応温度管理システム「ハサレポ」の紹介ページ
https://sol.ratocsystems.com/service/haccp/

新たに投入予定のPt100センサーは、センサー部を直接水や食品に挿して温度の計測が可能です。冷却時の水温や殺菌処理・加熱時の湯温などをクラウドに記録。IoT化により、HACCPで求められる重要管理点の温度モニタリングがスマホで可能となり、経過温度の記録保管が自動でおこなえるようになります。

●製品名:温度センサー(Pt100センサー1点計測)●標準価格:¥70,000(税別)●発売時期:2021年秋

計測温度範囲-40~180℃。食品安全に関する証明書発行に対応しています(接液部分のみ)。本体は塵防・防水規格IP67に準拠し、水がかかっても安心です。乾電池駆動(アルカリ単3電池× 3本)で約1年交換不要でお使いいただけます。

本システムは、愛知スカイエキスポにて6月1日(火)より開催予定のFOOMA JAPAN 2021に展示を予定しています。ラトックシステムブース(D-145)では冷蔵設備の温度計測をデモ展示します。また、第一工業株式会社(本社:兵庫県姫路市)ブース(B-252)では、食品対応低温冷却機の水温計測デモをおこなう予定です。

【ハサレポの特徴】
1.食品の保管庫や冷蔵庫の温度、水温を自動計測
2.定期的(10分間隔~)に無線で送信
3.設定温度範囲を超えたらスマホにアラート通知
4.温度範囲を食品ごとにDB化、アラート通知条件に適用可能
5.温度データを蓄積してグラフ化、帳票印刷も可能
6.温度センサー(サーミスタ)は2点計測、ケーブル長5m(60cmもあり)
6.温度センサー(Pt100センサー)は1点計測、ケーブル長3m
7.本体内蔵センサーで室温、湿度も同時に計測
8.温度センサーは防水設計、電池駆動(電池寿命約1年、パナソニックEVOLTA推奨)
9.ゲートウェイ-温度センサー間はWi-SUN接続、中継器使用で最大1km(見通し)
※中継器を使用しない場合は最大500m(見通し)
10.ゲートウェイ1台に温度センサーを最大12台まで接続可能(中継器使用時)
※中継器3台に温度センサーを各4台接続した場合。ゲートウェイと温度センサー直結では最大4台。
11.ゲートウェイとクラウドはLTE-M接続、電源を入れるだけで接続完了
12.ゲートウェイは最大4台まで接続可能
13.CSV出力に対応、クラウド連携サポート予定

【ハサレポ参考価格】 (税別、1台あたり)
・年間使用料:70,000円/GW(クラウド利用料、通信料、アプリ更新料込) ※ゲートウェイ1台あたり
・ゲートウェイ:50,000円
・温度センサー(サーミスタ2点計測 ケーブル長5m×2):70,000円
・温度センサー(サーミスタ2点計測 ケーブル長60cm×2):65,000円
・温度センサー(Ptセンサー1点計測 ケーブル長3m):70,000円
・中継器:40,000円

【関連URL】
HACCP対応温度管理システム ハサレポ(製品ページ)
https://sol.ratocsystems.com/service/haccp/

FOOMA JAPAN2021出展のご案内
https://sol.ratocsystems.com/event/fooma2021/

▼ 本システムに関するお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 東京支店 コーポレート・ソリューショングループ
住所 : 〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町18-11 COSMO 8 6階
電話 : 03-5847-7600
メールフォーム : https://sol.ratocsystems.com/contact/