2021年12月1日、ドイツに本社があるSegger社正規代理店のポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、不要なアクティビティを回避するだけでエネルギー使用量を削減する初のリアルタイムOS「embOS-Ultra」の販売を開始いたします。

SEGGER embOS-Ultraは、サイクル分解能タイミングでアプリケーションのパフォーマンスを向上させました。
SEGGERは、サイクル分解能タイミングを使用した画期的な新しいRTOSであるembOS-Ultraを導入し、従来のRTOSで使用される周期的なティック割り込みを完全に排除します。タイムアウト、遅延、定期的なタイマーなど、すべての時間ベースのイベントのスケジューリングをマイクロ秒または CPU サイクルで指定できるようになりました。サイクル分解能タイミング技術は、正確なタイミングを得るためのアドホックターゲット固有の技術をクリーンで一貫性のあるAPI呼び出しに置き換えます。

embOS-Ultraへのアップグレードは、従来のembOSとの完全な API 互換性を維持するだけなので、単に機能しますが、同時に、追加の API 呼び出しを介してスケジュールを設定するための CPU サイクルの精度を提供します。

embOS-Ultra は、典型的な 1 ミリ秒のシステムティックを、必要な場合と場合にのみ割り込みを生成するシングルショット ハードウェア タイマーに置き換えます。この手法により、従来のシステムティック割り込みがなくなり、CPUの利用が減少し、エネルギーが節約され、数十億台のデバイスに電力を供給する際に、より環境に優れた未来を実現できます。

「RTOSの内部時間ベースとしてサイクルを使用することは、多くの利点を持つまったく新しい概念です。スケジューリングの解決は、従来のRTOSesよりも桁違いに優れています。我々はすでにJ-LinkデバッグプローブとFlasherシステムプログラマでそれを使用しています。システム設計が簡素化され、専用のハードウェアタイマーを使用する前に RTOS API 呼び出しを使用できることがわかりました。これにより、ファームウェアの保守と移植が非常に簡単になり、製品のパフォーマンスがさらに向上しました。多くのお客様が同じ経験をすると確信しています。」とSEGGERの創設者ロルフ・セガー氏は述べています。

従来の RTOS からサイクルベースの embOS-Ultra への移行は非常に簡単です。既存の API と RTOS の動作が維持されるため、アプリケーションの変更は必要ありません。embOS-Ultra は、従来の embOS API 呼び出しが使用されるミリ秒単位のタイミングを提供し、新しい API 呼び出しが使用されるマイクロ秒またはサイクルの解決を提供します。従来の embOS API は、同じアプリケーションで拡張された高精度 embOS-Ultra API と混合することができ、どちらか一方を選択する必要はありません。アプリケーションは、embOS-Ultraへのアップグレードの恩恵を即座に享受できます。

◆embOSとembOS-Ultraの違いは何ですか?
embOSは、ハードウェアタイマーを使用して、タイムベースとして使用される定期的なシステムティック割り込みを生成します。ほとんどのアプリケーションでは、システムティックはミリ秒ごとに発生し、時間の単位を調整する余地がありますが、ティックは発生する必要があり、システムがアイドル状態の場合でも発生し続けます。embOS-Ultraは、時間ベースのアクションが必要な場合にのみ発生するようにオペレーティングシステムによって特別に構成された、柔軟なシステムティックであるサイクル解決タイミングを使用します。

◆定期的なシステムティックと比較した場合のサイクル解決タイミングの利点は何ですか?
定期的なシステムティック割り込みは、数回の連続するシステムティックに対して時間ベースのアクションが必要ない場合、計算時間を「浪費」します。サイクル解決のタイミングは柔軟です。つまり、柔軟なシステムティックは、時間ベースのアクションが必要な場合にのみ発生します。これにより、不要なシステムティック割り込みが回避され、遅延とタイムアウトが任意の時点で期限切れになることも可能になります。

【SEGGER社について】
SEGGER Microcontrollerは、組み込みシステム向けのソフトウェア、ハードウェア、開発ツールのフルレンジサプライヤです。同社は、手頃な価格で、柔軟で使いやすいツールとコンポーネントを使用して、開発プロセス全体を通じてサポートを提供しています。SEGGERは、急速に発展するIoT、エッジコンピューティングのニーズを満たすセキュアな通信とデータおよび製品セキュリティのためのソリューションを提供します。Segger社は1992年に設立され、着実に成長しています。詳細については、以下をご覧ください。https://www.segger-pocjapan.com

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、「サービスモデル」のための「ものづくり(IoT端末側から)」の仕様設計から開発製造に至るまでのワンスポットソリューションを提供いたします。

今までの半導体関連を取り巻くエンベデッドのプレイヤは、自社開発をしたコア製品を販売することにフォーキャスをしているため、サービスモデルや仕様にあった製品を提案することは難しいかったです。ポジティブワンは、海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できる商社機能、自社のハードウエアからソフトウエアの開発製造、そして、テストから認証サービスのための第三者試験機関との提携と支援サービスにより、多様にあったサービスに対応できます。企画段階での仕様作成、技術的な問題定義や解決、最先端技術の導入に選ばれます。それは、IoT端末以外、自動車、医療、産業機器などの安全性や信頼性を求められる分野での経験や実績を積んでいます。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com