東京エレクトロン デバイス株式会社(本社:横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之、以下TED) は、サイバートラスト株式会社.(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利、以下、サイバートラスト社)と販売代理店契約を締結し、IoT機器の製造から廃棄までをサポートする「セキュアIoTプラットフォームサービス」の販売を2019年3月28日より開始します。
https://esg.teldevice.co.jp/iot/portal/cloud/detail-16.html
社会インフラ、ビルシステム、工場設備で利用されるIoT機器の開発、運用においてクラウドを利用した場合、IoT機器の稼働状態の見える化と長期利用が求められます。一方、工場設備に点在化するIoT機器を稼動管理する上で、ソフトウェアの脆弱性のアップデートを行い機器設備に対するサイバー攻撃を未然に防ぐための運用コストは日々増大しています。

サイバートラスト社の「セキュアIoTプラットフォームサービス」は、IoT機器の開発、製造の段階からチップに埋め込んだ固有鍵を起点に証明書を用いてデバイスのライフサイクル管理を行うサービスです。IoT機器設計者はIoTデバイスの製造段階で「セキュアIoTプラットフォームサービス」を組み込むことで、管理画面からインターネットに接続されたIoTデバイスの追加、削除、個別デバイスのセキュアなアップデートが可能になります。機器稼動時は、IoT機器の実在性とデータの真正性を電子認証で証明し、よりセキュアに機器の情報を一元管理します。さらに、「セキュアIoTプラットフォームサービス」は、IoT機器管理者の技術習得や物理機器への設定が不要で、設備設計にかかる時間や運用コストの削減を実現します。

【セキュアIoTプラットフォームサービスの概要図】


main

今後、TEDではヘルスケア、製造機器、スマート工場向けにIoTセキュアプラットフォームサービスの導入によって、今後3年間で4億円の売上を見込んでいます。

サイバートラスト株式会社 代表取締役社長 眞柄 泰利氏は次のように述べています。
東京エレクトロンデバイス様にてサイバートラスト製品の販売代理店契約を締結いただき、感謝申し上げます。IoTデバイスのセキュリティおよび、そのライフサイクルマネジメントは緊急の課題であり、国内産業界はもとより国際的にも注目が高まっております。
東京エレクトロンデバイス様との協業により、セキュアIoTプラットフォームを活用した「安心・安全な社会」の実現に向けたサービスを提供してまいります。

サイバートラスト株式会社について

サイバートラストは、日本初の商用電子認証局として 20 年以上にわたりサービスを提供
している認証事業、ミラクル・リナックスのカーネル技術をさまざまな分野に応用し、オン
プレミス、クラウド、組込みのあらゆる領域で活用できる OSS 事業を展開してまいりました。
そして、その2つの事業を組み合わせ、IoT をはじめとする先端分野における新たな価値を
生み出す先駆者として、パートナー企業の皆さま、そしてお客様に貢献してまいります。
「信頼とともに」。サイバートラストは、ITインフラに関わる専門性・中立性の高い技術で、
安心・安全な社会を実現します。
URL: http://www.teldevice.co.jp/
東京エレクトロン デバイス株式会社について
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL: http://www.teldevice.co.jp/

<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 広報・IR室 堀田・平
Tel:045-443-4005、Fax:045-443-4050
お問い合わせフォーム:https://www.teldevice.co.jp/cgi-bin/form/contact.php

<本製品に関するお客様からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社
EC BU クラウドIoTカンパニー SSプロダクト部 和田
Tel:045-443-4020、Fax:045-443-4062

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。