〜既存設備のIoT化で、スマート化&省力化〜

IoT企画・開発の株式会社バニーホップ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:澤 規仁)は、都内ゴルフコースおよびゴルフ練習場の「青梅リバーサイドパーク」(青梅リバーサイドパーク株式会社 本社:東京都青梅市)の施設設備をIoT化し、スマートフォンを用いてキャッシュレス利用できるようにいたしました。

スマートフォンを用いてキャッシュレス

今までは、施設内で利用できるICカードへ現金をチャージし、ICカードをかざして利用するものでしたが、設備のIoT化により、スマートフォンのみで施設利用が可能になりました。スマートフォンからゴルフコースのプレー日時を予約するとQRコードが送信され、予約当日にQRコードをかざして施設利用できます。

QRコードをかざして施設利用

スマートフォンからWebサイトにアクセスし、電話番号とプレー日時を入力、クレジットカード決済して予約すると、QRコードがショートメッセージで送信されます。予約当日にQRコードをかざして施設利用できる仕組みです。専用アプリをインストールする必要もありません。
 
 
【既存設備のIoT化で、スマート化&省力化】
入退場ゲートや、ゴルフボール貸出機などの既存設備をIoT化、クラウド上の予約・決済システムと連動することで、設備の自動化とキャッシュレス化を実現しています。
ゲートにIN
ゴルフコース利用は、予約時間にQRコードをかざしてゲートにIN。


ゴルフ練習場では、既存のゴルフボール貸出機をIoT化。QRコードをかざすとゴルフボールが排出されます。

クレジットカード利用も可能
QRコード以外にも、クレジットカード利用も可能でキャッシュレスで練習場を利用できます。

キャッシュレス端末にグレードアップ
バニーホップによる「QR&クレジットカードデバイス」は、既存設備のIoT化で、キャッシュレス端末にグレードアップさせます。
 
 
●株式会社バニーホップ
https://www.bunnyhop.jp
株式会社バニーホップは、IoT技術を用いた製品の企画・開発を行っています。IoT化による遠隔制御で、自動化や省力化を実現しています。

【お問い合わせ先】
株式会社バニーホップ TEL:03-6407-1866 / mail:info@bunnyhop.jp