インプレスグループで理工学分野の専門書出版事業を手掛ける株式会社近代科学社は、2019年4月25日に、『デジタル・プラットフォーム解体新書―製造業のイノベーションへ向けて―』(編著:高梨 千賀子,福本 勲,中島 震)を発行いたしました。

【書名】デジタル・プラットフォーム解体新書―製造業のイノベーションへ向けて―
【編著】高梨 千賀子,福本 勲,中島 震
【仕様】A5変型判・並製・モノクロ・184頁
【本体価格】2,500円(税込2,700円)
【ISBN】978-4-7649-0589-4 C3050
【商品URL】https://www.kindaikagaku.co.jp/business/kd0589.htm

●内容紹介

世界中で大きなうねりとして注目されているIoTは、わが国ではSociety5.0(IoT/CPS;サイバーフィジカルシステム)として国家戦略に取り上げられました(アメリカ:インダストリアル・インターネット、ドイツ:インダストリー4.0)。
これは、実世界(フィジカル空間)とサイバー空間の情報連携により、新たな付加価値を作り出すというコンセプトです。
IoTの登場により、世界中で価値形成の場やメカニズム、そして競争のルールが大きく変化しています。
本書は、製造業イノベーションを支える基盤としてのデジタル・プラットフォームを、ビジネス面(オープン&クローズ戦略)と技術基盤であるソフトウェアの両面から解き明かします。

●編著者紹介

高梨千賀子(たかなし ちかこ)
2007年、一ツ橋大学大学院商学研究科博士課程後期課程 修了 博士(商学)
現在:立命館アジア太平洋大学国際経営学部 准教授
イノベーション戦略,国際標準化戦略、Industrie 4.0、IoT ビジネス関連分野の研究に従事
著書:ビジネスモデルイノベーション(共著、白桃書房、2011)、コンセンサス標準戦略事業活用のすべて(共著、日本経済新聞出版社、2008)、ビジネス・アーキテクチャー製品・組織・プロセスの戦略的設計(共著、有斐閣、2001)など

福本勲(ふくもと いさお)
1990年、早稲田大学大学院理工学研究科修士課程 修了
現在:東芝デジタルソリューションズ(株) 担当部長
ものづくりIoT 事業・ビジネスの企画およびマーケティングを担当

中島 震(なかじま しん)
1981年、東京大学大学院理学系研究科修士課程 修了 博士(学術、東京大学)
現在:情報・システム研究機構国立情報学研究所 教授
ソフトウェア工学、形式手法、自動検証、CPS などの研究に従事
著書:SPIN モデル検査(近代科学社、2008)、形式手法入門(共著、オーム社、2012)、Event-B(近代科学社、2015)など

●目次

第1章 デジタライゼーションの時代
第2章 ソフトウェア技術の進展
第3章 サービタイゼーションとプラットフォーム
第4章 イノベーション・デザイン
第5章 各国の動き―IoT推進の「場」―
第6章 先進的な企業の取組み

【株式会社 近代科学社】 https://www.kindaikagaku.co.jp/
株式会社近代科学社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井芹昌信)は、1959年創立。
数学・数理科学・情報科学・情報工学を基軸とする学術専門書や、理工学系の大学向け教科書等、理工学専門分野を広くカバーする出版事業を展開しています。自然科学の基礎的な知識に留まらず、その高度な活用が要求される現代のニーズに応えるべく、古典から最新の学際分野まで幅広く扱っています。また、主要学会・協会や著名研究機関と連携し、世界標準となる学問レベルを追求しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「旅・鉄道」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメデイア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

【お問い合わせ先】
株式会社近代科学社  出版局
TEL:03-3260-6161
電子メール: reader@kindaikagaku.co.jp