内外ゴム株式会社(本社: 兵庫県明石市、代表取締役社長 土井 正孝、以下「内外ゴム」)は、IoTに対応した9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式M号球」の開発を完了し、12月2日より販売致します。

◇特徴

本製品は、軟式野球ボールの内部にセンサーを内蔵し、投球時の球速、回転数、回転軸、球種等が計測可能な商品となっております。計測結果は、専用アプリを使いスマートフォンで分析できます。
大きさ・重量・表面ゴムについては、公認M号球と同等であり、センサー内蔵硬式野球ボール『i・Ball Technical Pitch』の軟式野球版の新製品です。

◇開発背景

軟式野球の愛好チーム数は4万チームを超え、競技人口は120万人を超えています。
「投げるだけで球速等が測定できる軟式野球ボールが欲しい」という消費者の声を受け、開発するに至りました。
今まで見えなかった回転数や回転軸等を数値で可視化でき、感覚に頼らない指導・トレーニングが可能なため、投手の育成・コンディション管理に役立ちます。

通常の軟式野球ボールは中空構造ですが、センサー内蔵のために内部構造を変え、公認M号球と同等のスペックを実現しました。

◇販売

本体価格:27,500円(税別)
12月2日発売開始(Web販売などで販売)
https://technical-pitch.com

◇今後の展開
J号球サイズについては、来春発売予定です。

◇お問い合わせ先

内外ゴム株式会社 神戸スポーツ用品部(担当:安樂) TEL(078)360-1362
e-mail: kobe-sport@naigai-rubber.co.jp
所在地:〒650-0023
兵庫県神戸市中央区栄町通4丁目1番10号(新和ビル7階)