無線LAN製品の開発、製造、販売で世界No.1シェアを誇るTP-Linkの日本支社である、ティーピーリンクジャパン株式会社(所在:港区西新橋/代表:李 超毅、以下TP-Link)は、新世代Wi-Fi 6テクノロジー対応 デュアルバンドWi-Fi 6ルーター「Archer AX20」を2020年9月10日(木)に日本国内向けに発売します。

「Archer AX20」は、 最大通信速度が5GHz帯で1201Mbps 、2.4GHz帯で574 Mbps、合計1775Mbpsの高速通信を可能としたデュアルバンドルーターです。新世代Wi-Fi 6テクノロジーに対応した高機能に加え、高性能な1.5 GHz クアッドコア CPUを搭載したことで、消費電力を抑えながら処理能力の向上を実現。高速ルーターとして定評がある通常のAX1800ルーターよりも、さらに高速で高効率な通信を可能にします。
また、最新セキュリティ規格WPA3にも対応しており、非常に高い安全性も付加されたモデルになっています。
「Archer AX20」製品ページ: https://www.tp-link.com/phppage/preview.php?url=https://www.tp-link.com/jp/home-networking/wifi-router/archer-ax20/v1/

【製品情報】
デュアルバンド Wi-Fi 6 ルーター 「Archer AX20」 (想定販売価格: 税抜8,800円)
<製品情報>
・ Wi-Fiスピード:1201Mbps(5GHz, 11ax/ac/n/a)+ 574 Mbps(2.4GHz, 11ax/n/g/b)
・ ハードウェア: 1.5 GHz クアッドコア CPU
・ アンテナ:外部アンテナ×4
・ ポート:ギガビットWANポート×1、ギガビットLANポート×4、USB2.0ポート×1
・ 寸法:260.2×135.0×38.6mm
・ 推奨利用環境  :戸建て3階建、マンション4LDK、最大接続台数36台
<製品スペック>
・ Wi-Fi 6テクノロジー対応:より高速、より大容量で、より混線に強くなったWi-Fi 6に対応
・ 多数端末と同時通信:OFDMA、1024-QAMにより、多くの端末との同時通信を実現1
・ セキュリティ:最新セキュリティ規格WPA3対応
・ スマートコネクト:SSIDを統一し、接続帯域をルーターが自動で割り当て
・ エアタイムフェアネス:帯域の過度な占有を制限することによりネットワーク効率を向上
・ ビームフォーミング:端末に向けて指向性のWi-Fiシグナルを送信し接続をより強固なものに
・ VPNサーバー: OpenVPNとPPTP VPNサーバーとして利用可能
1:OFDMA、1024-QAMを利用する場合は、クライアント側も対応している必要があります。

【「Archer AX20 」の特徴】
「1.5 GHz クアッドコア CPU搭載」×「Wi-Fi 6対応」が従来のAX1800ルーターを次世代の速度へ!
「Archer AX20」は、2.4 GHzと5 GHzの両方でWi-Fiの新規格であるWi-Fi 6テクノロジーに対応しながら、高度な処理能力を持つ1.5 GHzクアッドコア CPUを搭載しており、高画質な映画やドラマの視聴、オンラインゲームや大容量ファイルのダウンロード等も非常にスムーズに行うことができます。5GHz帯で最大1201Mbps、2.4GHz帯で最大574Mbpsの高速デュアルバンドWi-Fiを提供します。2
2:最大無線信号速度は、IEEE 802.11規格の仕様から導かれる物理速度です。 実際のワイヤレスデータスループットとワイヤレスカバレッジは、1)建築材料、物理的障害等の環境要因、2)近隣からの電波干渉トラフィック量と密度、製品の設置場所、 ネットワークの複雑さ、ネットワークのオーバーヘッド、3)定格性能、場所、接続品質、クライアント条件等のクライアントの制限によって左右される為、保証されるものではありません。

「1.5 GHz クアッドコア CPU」がもたらす圧倒的な処理速度と低遅延!
「Archer AX20」には、膨大なデータスループットの処理能力がある1.5 GHz クアッドコア CPUが搭載されています。一般的な2×2 11ac wave 2ルーターに搭載されている0.9 GHz シングルコアCPUと比較すると、クロック数は0.9 GHzから1.5 GHzに、コア数はシングルからクアッドに拡張されており、ホームネットワーク内の遅延を最小限に抑えます。また、進化した1.5 GHzクアッドコアCPUでは消費電力が軽減されており、効率的なCPU稼働を実現します。

「新世代Wi-Fi 6テクノロジー対応」でさらに多くの端末とさらに高速な通信
<OFDMAでさらに多くの端末が遅延なく接続可能>
Wi-Fi 6が新たに対応したOFDMAによって、一度に複数の端末へデータを送ることが可能となり、データ通信の効率が飛躍的に向上しました。これにより、多くの端末が遅延なくデータ通信をすることができます。3
3:Wi-Fi 6(802.11ax)及びOFDMA・1024-QAMの利用にはクライアント端末側も対応している必要があります。

<TWT機能により接続端末の消費電力を削減>
TWT(Target WakeTime)機能は、各端末がデータ送受信のためにいつ、どのくらいの頻度で起動するかを調整する機能です。モバイル端末や、特にIoTデバイス等がデータ送信サイクル中に消費する電力を削減し、バッテリーを長持ちさせることができます。4
4: TWTによる消費電力の削減量は、ネットワーク・クライアント端末・利用環境に大きく左右されます。また、TWTの利用にはクライアント端末側も対応している必要があります。

最新セキュリティ規格「WPA3」に対応5
Wi-Fiの安全性を大きく向上させた最新セキュリティ規格WPA3にも対応しました。Wi-Fiパスワードの安全性を左右する強力な暗号化と、ブルートフォース攻撃に対する保護を組み合わせることで、Wi-Fiのセキュリティを強固なものにします。
<WPA3とは>
2018年にWi-Fi Allianceによって導入されたセキュリティ規格で、パスワードを使用して非公開Wi-Fiネットワークに接続した際の動作を管理するために使用されます。最新のWi-FiセキュリティプロトコルであるWPA3では、個人向けネットワークのサイバーセキュリティを向上させる新機能を提供。より安全なパスワードの暗号化と強化された保護により、ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)からご家庭のWi-Fiを守ります。
WPA3参考リンク:https://www.tp-link.com/wpa3/
5:WPA3の利用には、WPA3に対応したクライアント端末が必要です。

テレワークにも活躍!「VPNサーバー機能」・「USB2.0ポート」・「全ポートGiga対応」
昨今のテレワーク推進においても活躍する充実機能も搭載しています。
<VPNサーバ機能>
OpenVPN、PPTP VPNのいずれにも対応しており、「Archer AX20」を介して社内のパソコンやサービスにアクセス可能な状態を創り出すことができます。高度なセキュリティにより安全な利用が可能であるため、テレワーク等においても活躍します。
<USB2.0ポート搭載>
USB2.0ポートを搭載しており、社内のプライベートネットワークに保存しているような大容量のファイル等を一時的に移管し、社員がアクセスできる企業公式の社内ストレージとして活用することもできます。
<全ポートGiga対応>
全ポート(1 WAN+ 4 LAN)がGiga対応であり、パソコンでも、スマートテレビでも、ゲーム機でも有線接続なら最高の速度と最高の安定性を同時に確保できるため、ビジネスで必要な大容量通信もセキュリティも万全です。

 

「4本のアンテナ」 × 「ビームフォーミング」

4本の外部アンテナが、それぞれ異なる信号を複数端末へ同時送信し、通信速度の低下を防ぎます。また、端末のある場所へ最適な電波を送信する「ビームフォーミング」も搭載されることで、より広範囲で強力なWi-Fiの利用を実現します。離れた位置にある端末にも安定したデータ送信を行います。

TP-Link専用アプリ“Tether”を用いた簡単セットアップ
「Archer AX20」と、iOS、Androidスマートフォン用アプリ“Tether”を組み合わせることで、指先だけであっという間にセットアップが完了します。もちろん、セットアップ後の管理もアプリで行えます。

画像素材は下記よりダウンロードできます。ご自由にお使いください。
https://xfs.jp/GYS26

【9月10日発売の他製品】
ミニスマートWi-Fiプラグ 「Tapo P105」(想定販売価格: 税抜1,400円)
人気シリーズ“Tapo”にミニスマート Wi-Fi プラグ「Tapo P105」が登場!

詳しくは、本日配信のプレスリリース、または以下の製品ページをご参照ください。
「Tapo P105」製品ページ:https://www.tp-link.com/phppage/preview.php?url=https://www.tp-link.com/jp/home-networking/smart-plug/tapo-p105/v1/

【世界No.1シェア!高品質無線LANルーターのTP-Link】
TP-Linkは、世界170か国以上で10億人以上のエンドユーザーにネットワーク製品を提供している、世界No.1プロバイダーです。また、2018年には8年連続で世界No.1無線LAN機器プロバイダーを獲得しました。1 現在、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本等、世界42か所に現地法人を構えています。
1 2019年第1四半期IDC調べ
徹底した研究開発、効率的な生産体制、そして厳しい品質管理によって、TP-Linkはネットワーキング製品の分野において、多くの賞を受賞しています。また各国の技適マークを取得しており*2、高性能で安心してご利用いただける製品を提供しています。
*2 TELEC、CE、FCC取得済み、RoHS指令対応

【会社概要】
社名 :ティーピーリンクジャパン株式会社(英語名:TP-LINK JAPAN INC.)
代表 :李 超毅
所在地 :東京都港区西新橋2丁目9-1 PMO 西新橋8F
コーポレートサイト :https://www.tp-link.com/jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
ティーピーリンクジャパンPR事務局
担当:高瀬・斉藤
TEL:03-6804-2390  Mail:tp@zaax.co.jp