超スマート社会の実現に向けてZETAの普及拡大を推進

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭、以下ACCESS)と凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 眞吾、以下凸版印刷)は、ZETA対応IoTデバイス開発で協業し、ZETAの普及拡大を推進してまいります。

本協業の下、ACCESSは、ZETA対応のIoTデバイス2機種、GPSを活用して人・モノの位置情報を監視する「GPSトラッカー」(ZETA版)、およびカメラで人・モノの位置情報を捉えAI解析する「IoTカメラ」(ZETA版)を開発し、IoTサービス向けLPWA(Low Power Wide Area)ソリューションとして、今夏より提供開始いたします。両機種のZETAへの対応は、凸版印刷のZETA通信モジュールを採用することで実現しています。

ZETAは、ZiFiSence Info Tech Co., Ltd.(本社:英国ケンブリッジ)が開発した低電力でメッシュネットワークの構築が可能な次世代LPWAの規格です。屋内外で膨大な数のモノがネットにつながるIoT時代の無線通信規格として、LPWA市場は今後爆発的に拡大すると見込まれています。特にZETAは、電池駆動の中継器(Mote)を用いて、920MHz帯でメッシュネットワークを構築し、広範なエリアをカバーすることができます。この特性を活かし、3G/LTE網の電波がカバーしきれない山間部での畜産、害獣対策、インフラモニタリング、防災対策などを対象にした様々なIoTサービスの市場開拓が期待されています。

凸版印刷は、ZETAの基幹部品である、通信モジュール「TZM901シリーズ」(※1)の開発を完了し、2017年10月1日の電波法施行規則等の一部を改正する省令で追加された「狭帯域の周波数利用における周波数利用効率の向上を図るための指定周波数帯による規定」に適合した工事設計認証を取得しました。限られた電波資源の中で、2kHzの超狭帯域を使用することにより、混信に強く、信頼性の高い通信が可能となります。エレクトロニクス事業で培ったモジュール設計技術を活かし、従来製品よりも約40%の小型化に成功し、これによりACCESSのIoTデバイスへの搭載が実現されました。

ACCESSは、世界最小クラスのエッジコンピューティングなど省メモリ性に優れた組み込みソフトウェア技術や多様な無線通信規格に準拠したセンサー技術を駆使したIoTデバイスから、クラウド連携、サービス事業者向け管理画面までを包括的に提供するソリューションの開発・提供に豊富な商用実績を有しています。今回ACCESSが新たに開発したソリューションは、ZETA網を活用することにより、これまで困難であったエリアでの高付加価値なIoTサービスの創出を実現します。

両社は、Society 5.0(※2)が提唱する超スマート社会への移行に向けた重要な技術要素となる、ZETA対応IoT製品・サービスの普及拡大を推進してまいります。
 
 
【GPSトラッカー(ZETA版)】
GPS機能で捉えた人やモノ・動物などの位置情報を、ZETA網を介して遠隔地から把握・監視するソリューションです。本GPSトラッカーを活用することで、高信頼かつ安価な位置情報サービスの提供が可能になります。

■特長
1. ZETAマルチホップ無線通信により、高効率で高信頼、低コスト
2. 対応測位衛星:GPS/QZSS/Galileo/BeiDou/GLONASS
3. 低消費電力
 ●スマホやWebからのダウンリンク指示にてGPS起動を命令し、必要な時だけ位置情報を把握することで、低消費電力を実現
4. 使用場所を選ばない
 ●ZETAでのデータ送受信により、通信設備不要、約2Km~10Kmの長距離通信
 ●電源:非発火型Li-Po 2次電池を採用
 ●加速度センサー/気圧センサー内蔵、環境の変化時をトリガーにGPSの起動が可能
 ●充電方式:USB Type-C
 ●サイズ(本体):60mm X 60mm X 17mm
 ●動作温度範囲:0℃~+35℃
 ●防水:IPx5
 ●ストラップホール付き
5. 柔軟なカスタマイズ
 ●プログラマブルなFPGAにより、対応サービス毎に解析モデルを適用
6. トータルパッケージソリューション
 ●クラウド連携および管理画面の提供(オプション)

image

筐体イメージ

 
 
【IoTカメラ(ZETA版)】
人やモノの位置情報をカメラ機器上で取得・認識・データ化し、ZETA網でクラウドへ送信、遠隔地からの管理を可能するソリューションです。本IoTカメラを設置するだけで、既存の施設や設備を簡単に低コストでIoT化する事が出来ます。
低解像度の画像データを省メモリ性に優れた「NetFront(R) EdgeAI」により、エッジ側でAI処理しますので、不要なデータをサーバへ上げ続けることによる通信コストの増大を回避できます。

■特長
1. ZETAマルチホップ無線通信により、高効率で高信頼
2. 通信量の低減
 64×64低解像度CMOS赤外線カメラにより、必要最低限のデータのみをサーバへアップ
3. サーバ負荷の低減
 「NetFront EdgeAI」画像認識モデルにより、エッジ側で高度な画像認識処理
4. 設置場所を選ばない
 ●ZETAでのデータ送受信により、通信設備不要、約2Km~10Kmの長距離通信
 ●電源:単三電池駆動により、電源設備不要
 ●サイズ(本体):90mm×60mm×25mm
 ●防水:IPx5
5. 柔軟なカスタマイズ
 ●プログラマブルなFPGAにより、対応サービス毎に解析モデルを適用
6. トータルパッケージソリューション
 ●クラウド連携および管理画面の提供(オプション)

image

筐体イメージ

 
 
image山間部でのZETA網を活用したIoTサービス例(イメージ)
 
(※1)ZETA無線通信モジュール(TZM901シリーズ)詳細は以下のURLをご参照ください。
http://www.toptdc.com/news/20190306.html

(※2)日本が提唱する未来社会のコンセプト。
「内閣府ホームページ」https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/index.html

GPSトラッカーおよびIoTカメラに関するお客様からのお問合せ:beacon-info-gr@access-company.com

ZETAアライアインスに関する詳細は以下のURLをご参照ください。
https://zeta-alliance.org/をご覧ください。
 
 
■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
https://www.access-company.com/

image
 
 
■凸版印刷株式会社について
凸版印刷は1900年の創業以来、原点である「印刷術」を「印刷技術」に進化させていくと同時に、事業分野の拡大に努めてきました。ここに「マーケティング力」「IT力」「クリエイティブ力」、さらにさまざまな加工技術が融合・進化した姿を、凸版印刷では「印刷テクノロジー」と呼んでいます。この事業基盤のもと、現在では「情報コミュニケーション」、「生活・産業」、「エレクトロニクス」の3分野で事業を展開しています。凸版印刷は、「印刷テクノロジー」という事業基盤のもと、それぞれの事業分野を発展させ、社会やお客さまの課題解決につながる「トータルソリューション」の提供を行っていきます。
https://www.toppan.co.jp/

image
 
 
※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。