株式会社アイエンター(本社:東京都渋⾕区、代表取締役:⼊江 恭広)は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に対する対策として、AIの画面認識とIoTのセンサー技術を活用した3密を感知するサービス「スリー・シーズセーフティプロジェクト」の提供を2020年6月より開始します。

新型コロナウイルス感染症の影響により、飲食店や、スーパー、ショッピングセンター、公共施設など人が集まる空間では、「3密(密閉空間・密集場所・密接場面)」を回避するためにソーシャルディスタンスの確保を求められています。終息を待つのではなく共存する「Withコロナ」での新たな生活様式の中では、3密を可視化し事前に混雑状況を把握することでお客様、事業者、地域が安心した生活を送れるように本サービスを提供いたします。

【サービス概要】
人の密集度を計測するWEBカメラ、二酸化炭素濃度を計測するCO2センサー、騒音を計測する騒音センサーを店内や屋外の施設に設置し、ユーザーの状態を定量化。定量化したデータを構築したシステムで処理することにより、PCやスマホ、タブレット上に可視化したデータを表示させます。

■リアルタイムでの店舗の混雑状況をシンプルに表示
入口に設置されたモニターに信号機のように、良い(緑)、注意(黄色)と危険(赤色)と表示。ディスプレイの表示により、来店客の行動変化を促します。危険(赤色)になったときのアラート機能、表示の変更も可能。また、延期された東京オリンピックに向けてインバウンド需要復活を考慮し、日本語をはじめ、英語、中国語、韓国語など様々な言語に対応可能です。


【サービスを導入する主なメリット】
・お客様の感染リスクの軽減
・従業員の感染リスクの軽減
・新型コロナ対策実施というブランドイメージの向上・差別化

事前に混雑状況を表示することで、お客様や従業員は感染リスクを軽減することが可能となり、外出時や勤務時のストレスが軽減されることが期待されます。リスクを軽減し、安心して生活できる空間づくりは人が集まる場所での新たな価値観となっており、ブランドイメージの向上にもつながります。

■サービス詳細
https://pages.i-enter.co.jp/i-3.html
■会社概要
会社名: 株式会社アイエンター
所在地 : 東京都渋谷区渋谷2-14-10 長沼ビル5階
代表者:入江 恭広
設立:2004年9月
事業内容 : システム開発/アプリ開発/クラウドソリューション/最先端技術研究開発/自社プロダクト開発/デジタルマーケティング
URL : https://www.i-enter.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ
メールアドレス:https://www.i-enter.co.jp/contact/